反落、ハイテクなどに売り=台湾株式

28日の台湾株式市場で、加権指数は反落した。終値は前日比108.09ポイント(0.70%)安の15439.92。寄り付きで約50ポイント下げ、その後も始終マイナス圏を推移した。ハイテクなどが売られた。 売買代金は2,332億8,400万台湾元(約1兆663億円)となった。 ハイテクはファウンドリ…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 金融


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:台湾本島の西にある澎湖…(09/29)

半導体受託製造の伸び縮小 売上高調査、「供給不足に幕」(09/29)

新型コロナの域内感染者、28日は4万8421人(09/29)

【アジア本NOW】『世界珍食紀行』(09/29)

モデルナ2価ワクチン、50~64歳など対象に(09/29)

TSMCの値上げ計画、アップルが拒否か(09/29)

シャープ、元太と次世代電子ペーパーで協業(09/29)

MIH、11月に新EVプラットフォーム発表へ(09/29)

台湾のデジタル競争力、世界11位に(09/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン