• 印刷する

テイクオフ:インドネシアの西ジャワ…

インドネシアの西ジャワ州ボゴール近くを通ると、視界の片隅に空を飛ぶ黒い大きな影が映った。見上げるとそれはモーター付きのハンググライダー。排ガスや砂ぼこりをかぶりながら歩く人間が点にしか映らないほどの高い空を悠々と舞う。あの高さではコロナウイルスも関係ないだろうか。ないものねだりの最たるものが翼だ。

ガルーダ・インドネシア航空が債務再編を進めている。神鳥の名を冠しても、膨大な負債を背負っては思うように飛べなかったようだ。このほど債権者との和議案を裁判所が承認し、国費の注入も受けられるようになった。

インドネシアで空の旅の魅力は、眼下に望む深い森林や点在する島々など豊かな自然を楽しめることだ。新型コロナ禍からの回復に伴い、各地の観光業界が活気を取り戻し始めている中、神の翼でまだ見ぬ土地へ旅することを夢見る。(高)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:17日の独立記念日に「…(08/16)

7月輸出、32%増で堅調 資源価格頭打ち、輸入は伸び加速(08/16)

追加接種の未完了、移動時のPCR検査義務(08/16)

インディカ、同社初の電動バイクを発表(08/16)

マツダ、スポーツカー「MX―5」を発表(08/16)

電動バイクのフォルタ、4千億ルピアで増強(08/16)

電動バイクの電池交換所、民間給油所と提携(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン