• 印刷する

陳指揮官が会見出席減、市長選準備か

台湾衛生福利部(衛生省)中央流行疫情指揮中心の荘人祥発言人(報道官)は27日、陳時中指揮官は今後、重大な政策を発表する場合のみ記者会見に出席する方針を明らかにした。陳氏は新型コロナウイルスに感染して以来会見に出席する頻度が減っており、11月末に予定されている統一地方選の台北市長選に向けた出馬準備を進めているとの見方が浮上している。28日付聯合報が伝えた。

陳氏は12日にコロナへの感染が確認され、自宅療養を開始。その後約2週間会見を欠席していた。先週金曜の24日の会見には自宅療養後初めて出席したが、会見がなかった土日を経て月曜の27日に再び欠席した。

荘氏は、「陳氏は感染状況が落ち着き始めている上、衛生福利部の他の業務もあるため会見に出席しない」と説明。ただ午前は指揮中心の会議に参加しており、指揮官としての職務は今も担っていると強調した。

これに対し野党、中国国民党の曽銘宗立法委員(国会議員)は、陳氏が台北市長選への出馬準備を進めているとの見方を示した。陳氏が7月初旬にも指揮官の職を辞し、台北市長選に出馬するとみている。

ジャーナリストの周玉コウ氏(コウ=くさかんむりに寇)は27日、「陳氏の台北市長選への出馬が決定した」とフェイスブックに投稿。柯文哲・台北市長が立ち上げた台湾民衆党台北市党部の林国成氏も、「(出馬は)ほぼ間違いない」と述べた。


関連国・地域: 台湾
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナの域内感染者、26日は2万8513人(15:36)

テイクオフ:約217万人と約489…(09/26)

観光業、水際対策緩和を歓迎 コロナ前回復には時間必要と指摘(09/26)

台湾航空各社が10月に増便、日本路線も(09/26)

インディカ、台湾鴻海とEV合弁会社を設立(09/26)

雄獅、年末に訪日旅行業績3割まで回復予測(09/26)

マスク規定、冬までは維持=政府高官(09/26)

新型コロナの域内感染者、25日は3万8785人(09/26)

4QDRAM価格、最大18%下落=調査会社(09/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン