マニラウオーターの無収水率、アジア最低に

フィリピンのマニラ首都圏東部で水道事業を手掛けるマニラ・ウオーター(MWCI)は、配管からの漏水や盗水などで料金を徴収できない水の割合を示す無収水率が、今年3月時点で平均12%だったと明らかにした。アジア地域で最低水準になったと主張している。インクワイラーが27日…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:コーヒーには入れないし…(08/16)

貧困層増加、21年2千万人に 人口の18.1%、東南アで突出(08/16)

新型コロナ、8~14日は新たに2万8008人感染(08/16)

7月新車販売29%増、5カ月連続伸び2桁(08/16)

トヨタ、現地生産優遇の期限延長を要請(08/16)

海外送金4.4%増、6月は7カ月ぶり高水準(08/16)

21年の平均世帯所得、18年比で2.0%減(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン