• 印刷する

テイクオフ:23日にタイ政府がマス…

23日にタイ政府がマスクの着用義務を撤廃し、基本的には個人の裁量に任せるということになった。オフィスでも、今週からは「必要に応じて着用」となり、自由になった。タイでもだんだん、コロナ前の生活に戻りつつあることを感じる。

マスクはすでに生活の一部となっており、マスクをしない方が違和感がある。外でマスクをしていない人を見ると、変な感じだ。不思議に思うのは、普段マスクをしたとしても、レストランではどんなに混み合っていてもマスクを外していることだ。

コロナ前の生活に近づいているからといって、コロナのリスクがなくなったわけではない。このことは、しっかりと理解しておく必要がある。コロナに感染しても、国から適切な補償があるわけではなく、引き続き注意が必要であることに変わりはない。一度コロナに罹患した身として、強く思う。(C)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

タイはミャンマーに関与を、ジャーナリスト(15:35)

ホスピテルとホテル隔離、9月1日に停止へ(08/11)

レムチャバン港、車両混雑解消へ新システム(08/11)

新規の感染者2316人、死者35人(11日)(08/11)

【プロの眼】滞在先で紛争発生 命と安全どう守る(09:24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン