• 印刷する

テイクオフ:図書館に通うのが日課に…

図書館に通うのが日課になっている。近所の総合コミュニティー施設にあるホーカーセンター(屋台街)で食事をした後、同施設内にある公共図書館に足を運ぶ。席を陣取るのは大抵、旅行や美術関連の本のコーナーだ。読めない中国語の書籍でも写真が多くあれば十分楽しめる。

図書館に通い始めた数カ月前は本の借り方がよく分からず、閉館時間を告げるアナウンスが流れると読みかけの本をあたふたと棚に返すのが常だった。最近になって国立図書館庁(NLB)の専用アプリをダウンロードし、登録料を支払って本を借りることができるようになった。書籍に付いているバーコードをアプリでスキャンするだけなので簡単だ。アプリ登録者は館内の専用端末を使って貸し出し手続きをすることもできる。

自宅で読書中に、借りてきた本にコーヒーをこぼさないか、それが目下の心配事だ。(雪)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ここ数年で当地の気温は…(08/16)

小売業の基準賃金が年8%超増 9月から3年間、2万人近く対象(08/16)

信金中金、販路開拓支援で初の実店舗活用(08/16)

OCBCと政府の決済サービス、利用90万件(08/16)

建設業界、業務再開で雇用拡大・賃上げ進む(08/16)

歩道橋のエレベーター、250カ所に追加設置へ(08/16)

シンガポール行き社用旅行、コロナ前超えに(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン