• 印刷する

アップル系工場で賃金競争、労働者奪い合い

ベトナムの工業団地に進出している外資系製造企業の間で、賃金の優れた会社へと地元労働者が流れる動きが広がっている。

23日付ベトナム・インベストメント・レビュー(VIR)によると、米アップルのスマートフォン「アイフォーン(iPhone)」を受託製造する台湾の鴻海科技集団(フォックスコン)は、中国企業に安価な労働力を奪われていると不満を漏らしている。劉揚偉董事長は今月、同社のベトナム拠点近くに複数の中国企業が土地を確保し、労働者に近づいていると批判した。鴻海は現在、北部バクニン省の工場で約6万人を雇用しているが、今後2年で増員する計画だ。奪い合いが深刻化すれば、人手不足が生じる危険もある。

劉氏は具体的な中国企業名を挙げなかったが、鴻海から立訊精密工業(ラックスシェア)に移った北部バクザン省の労働者によると、立訊の月給は約215米ドル(約2万9,000円)で、鴻海を約20米ドル上回る。住宅手当は20米ドル、燃料手当は13ドル、危険手当は9ドルで、いずれも2~3米ドルずつ鴻海より高いという。

ベトナムでは労働者の低収入が問題視されており、7月1日から最低賃金が6%引き上げられる。


関連国・地域: 中国台湾ベトナム
関連業種: 電機IT・通信マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

タイはミャンマーに関与を、ジャーナリスト(15:35)

新規感染2192人、前日から175人減(19:57)

【プロの眼】滞在先で紛争発生 命と安全どう守る(09:24)

7月新車販売は前月比20%増 買い控え収束、供給制約が足かせ(08/12)

ビンファスト、EV供給難で7月販売4割減(08/12)

国営電力、強制力のある節電法整備を要請(08/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン