鄭州が公有地15区画を放出、成約額106億元

河南省鄭州市はこのほど、公有地15区画の競争入札を行った。落札価格が基準価格を上回ったのは2区画で、その他13区画はいずれも最低価格で落札された。成約額は計106億7,400万元(約2,100億円)で、譲渡面積は約66万平方メートル。ネットメディアの澎湃新聞が伝えた。 割増価格で…

関連国・地域: 中国-河南
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

クーデター後に110万人が失業 1~6月、条件悪化で生活苦しく(08/17)

テイクオフ:ここ数年、夏に恒例とし…(08/17)

商用EVで中国車が存在感 バスはシェア5割、貨物車も人気(08/17)

年内の消費に厳しい見方 コロナ禍足かせ、通年ゼロ成長も(08/17)

40度超の熱波続く、トヨタ電力不足で工場停止(08/17)

四川で電力逼迫、日系企業も稼働停止(08/17)

金融業界に高給制限、格差で庶民の不満蓄積(08/17)

専項債の資金使途を調整、地方で相次ぐ(08/17)

中国、景気対策検討=党大会控え世論意識(08/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン