• 印刷する

電動三輪オメガ、西部チャカンに新工場開所

インドの複合企業(コングロマリット)アングリアン・オメガ・グループ傘下の電動車両メーカー、オメガ・セイキ・モビリティー(OSM)は23日、西部プネ近郊チャカンで電動三輪車の工場を稼働したと発表した。初期投資額は4億ルピー(6億9,000万円)で、年産能力は6,000台。同社にとって4カ所目の工場となる。

新工場の敷地面積は5万平方フィート(約4,645平方メートル)以上。約250人を雇用し、電動貨物三輪「RAGE+(レイジプラス)」の全モデルのほか、オートリキシャ(三輪タクシー)用電動三輪「ストリーム」も生産する。向こう3年以内に15億ルピーを追加投資し、年産能力を3万台に増強する考えだ。

OSM創業者のウダイ・ナラン会長は、今後2年で生産拠点をさらに4カ所新設する方針を示した。

オメガ・セイキ・モビリティーが西部プネ近郊チャカンに置く工場(同社提供)

オメガ・セイキ・モビリティーが西部プネ近郊チャカンに置く工場(同社提供)


関連国・地域: インド
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

総額1.3兆円規模の投資承認 オディシャ州、鉄鋼中心に10件(08/12)

石油公社、第2世代エタノール工場を開所(08/12)

コロナで導入の航空運賃規制、8月末で撤廃(08/12)

アイシャーの4~6月決算、増収増益と好調(08/12)

自部品売上高、27年に最大11%がEV向けに(08/12)

JSW、1.75GWの再エネ発電施設を取得(08/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン