• 印刷する

国営電力、ラオスから隣国への送電契約締結

マレーシア国営電力テナガ・ナショナル(TNB)は22日、近隣各国の電力公社とエネルギー卸供給契約(EWA)を締結したと発表した。テナガは、ラオスで発電された電力をマレーシア経由でシンガポールに供給する役割を担う。

同契約はテナガとラオス電力公社(EDL)、タイ発電公団(EGAT)の3者間で締結された。契約期間は、今月22日から2年間。各社が保有する設備を利用し、ラオスから3万~10万キロワットの電力をシンガポールに供給する内容で、テナガはラオス電力公社から有料でシンガポールへの送電業務を請け負う。同公社が所定の電力を供給できなかった場合でも、テナガが不足分を補う義務はない。


関連国・地域: タイラオスマレーシアシンガポール
関連業種: 電力・ガス・水道小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

通信6社、5Gネットワークに7割出資へ(07/01)

インドネシア、鶏肉の輸出許可(07/01)

運賃無料化の押し上げ効果薄く 人流調査、交通機関利用が35%減(07/01)

新規感染2605人、2日連続2千人台(07/01)

RM1=30.9円、$1=RM4.41(6月30日)(07/01)

ベルマツ9千台受注残、23年1Qまでに解消(07/01)

エアアジア、ベトナム2路線の運航再開(07/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン