• 印刷する

フンセン首相、岸防衛相が表敬訪問

カンボジアのフン・セン首相は23日午前、岸信夫防衛相の表敬訪問を受けた。岸防衛相は、22日に開催された、日本と東南アジア諸国連合(ASEAN)の防衛相会合に出席するためプノンペンを訪れていた。クメール・タイムズ(電子版)が同日伝えた。

カンボジアのソファレス・イアン首相秘書官によると、フン・セン首相は会談で、両国の士官候補生や軍幹部の交流、カンボジア軍の人道活動や災害救助活動の能力向上などで、二国間協力計画の実施を積極的に進めるよう求めた。

岸防衛相は、カンボジアでの平和維持活動(PKO)への自衛隊派遣から30年の節目に、日ASEAN防衛相会合に出席できたことは喜ばしいと述べた。また、防衛省とカンボジア国防省の高官らのこれまでの交流により、両国間の協力関係が強化されたとコメント。フン・マネット陸軍司令官が2月に来日した際、アジアや世界の情勢について意見交換できたことに満足しているとも話した。

さらに、ミャンマー危機の解決、特に2021年4月のASEAN臨時首脳会議で合意した5項目の実施に向けた取り組みでのカンボジアの指導力を高く評価し、支援を約束した。


関連国・地域: カンボジア日本ASEAN
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ感染者、53日ぶりに確認(06/30)

23年の工業成長率、9.2%予測(06/30)

国道10号線の建設工事、進捗率が64%に(06/30)

国道5号改修、南・西部区間の進捗8割(06/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン