• 印刷する

セブパシ航空、23年に人員正常化

フィリピンの格安航空会社(LCC)セブ・パシフィック航空は22日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で激減した旅客便運航の正常化を見込み、人員増強を進める方針を明らかにした。2023年初めまでにコロナ禍前の水準の4,000人体制を見込む。23日付インクワイラーが伝えた。

コロナ禍が深刻だった時期に解雇したパイロットや客室乗務員、カスタマーサービス要員などを優先的に再雇用する。

20年以降にセブ・パシフィック航空を解雇された従業員の数は明らかになっていない。同社の財務報告書によると、21年末時点の従業員は3,046人で、1,000人近くを雇用するとみられる。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 運輸雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

ダブルドラゴン、北海道でホテル開発(07/01)

マルコス氏、大統領に就任 36年ぶり一族復権、経済注力へ(07/01)

テイクオフ:「フェス」などと称され…(07/01)

マルコス氏に抗議デモ、言論統制を警戒(07/01)

新大統領に経済開発期待、国民の7割(07/01)

IPS、比の健診子会社設立が前進(07/01)

首都圏の高速バス整備中止、事業遅延で(07/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン