• 印刷する

テイクオフ:休日の朝、インターホン…

休日の朝、インターホンが鳴り響いて眠りから覚めた。「電気を止めます」。受話器の向こうから聞こえてきた言葉は冷徹だった。支払ったはずだと事情を説明すると、電力会社の担当者と交渉が始まった。

支払いの明細を見せると、「電力会社の店舗で直接やりとりしてください。あしたまでに改善されなかったら今度こそ止めます」と担当者。無責任にきつい日差しを浴びながら店舗を訪れると、長蛇の列ができていた。やっと順番が回ってきたのもつかの間、「ここは支払いだけ。カスタマーサービスに並んで下さい」とたらい回しにされた。

怒りがわいたが、東南アジアの国ではよくあること。達観して待っていると、最後に担当してくれたスタッフが神対応だった。捨てる神あれば、拾う神あり。休日の半日を失ったが、電気料金問題が解決し、ホッと一息ついた。(内)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ここ数年間、フィリピン…(07/04)

新空港周辺の開発優遇認めず マルコス大統領、経済効果薄く(07/04)

外相にマナロ氏、国連大使など歴任(07/04)

ペソ安進行、新財務相は問題視せず(07/04)

企業景況感、4~6月は改善(07/04)

消費者信頼感、4~6月はマイナス幅縮小(07/04)

ダブルドラゴン、北海道でホテル開発(07/04)

中国外相がミャンマー入り、東南ア歴訪で(07/04)

ニッケルアジア、再エネ開発でシェルと合弁(07/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン