• 印刷する

テイクオフ:故郷の北海道は冬のアイ…

故郷の北海道は冬のアイスクリーム消費量が日本一と言われているが、暖かい室内で食べるのが至福なのであって、決して外で食べているわけではない。一方、台湾のかき氷店は冷房で冷えた店内でさらに冷たいかき氷を食べる。一度おなかを壊して敬遠していたが、先日、コロナ前に日本人観光客が行列を作っていた近所の有名かき氷店に冷房がないことを知った。

初めて入ってみたところ、冷房のない店は台湾人に不人気なのか、店内はガラガラだった。名物のマンゴーかき氷を注文。みるみるうちに溶けていったが、じめっとした暑さと冷たいかき氷のコントラストで夏を感じられた。

店員は日本語が話せ、店内の日本語案内やテレビの日本語放送にもコロナ前の名残を感じる。同店の営業は夏のみだが、今年も日本人観光客が戻ることは難しい。店員が日本語を忘れないように、足しげく通おうと思う。(妹)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナの域内感染者、2日は3万4748人(15:35)

新型コロナの域内感染者、1日は3万5699人(07/01)

引き留めへ新制度、移民視野 台湾支える外国人労働者(下)(07/01)

新型コロナの域内感染者、30日は3万8846人(07/01)

観光往来、感染1万人以下で可能と見解(07/01)

SEMI、車載半導体ガイドラインを発表(07/01)

聯発科技、米大学内にIC設計センター(07/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン