• 印刷する

オリックス、EVリースで新サービス

総合リース大手オリックスの香港法人オリックス・アジアは、伊藤忠グループの香港の保険サービス会社コスモス・サービシズ、SOMPOホールディングスの香港法人SOMPO(香港)と共同で、電気自動車(EV)リースで新サービスを開始した。

米テスラのEVを買い取り前提でリース契約した一般消費者に対して、車両価格の下落によって生じる消費者の損害を引き受ける「残価保証サービス」を提供する。6月からサービス提供を本格化した。

買い取りを前提としたEVリースは、リース契約満了時(買い取り時)の車両価格が契約時に設定した「残価」(リース満了時の予想査定価格)を下回った場合でも、消費者は契約時の残価を全額支払わなくてはならない。新サービスは、価格下落分の一定額を3社が負担する制度。消費者が損をする状況を回避できる仕組みだ。

SOMPO(香港)によると、残価の下落は買い取りを前提とした車リースの足かせとなっている。3社は新サービスの提供開始により、EVリースの拡大を目指す。


関連国・地域: 香港日本
関連業種: 自動車・二輪車金融

その他記事

すべての文頭を開く

老舗飲食店が続々閉店 コロナで観光客消え、宴会も激減(08/16)

新たに4896人感染、前日から83人減(08/16)

隔離短縮、本土往来に影響せず=行政長官(08/16)

幼稚園で出張接種、10人から対応へ(08/16)

健康観察中は出勤可、病気休暇の強要認めず(08/16)

反落、ハンセン指数は0.7%安=香港株式(08/16)

中環の長江集団中心2期、来年完成へ(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン