• 印刷する

テイクオフ:セキュリティーばっちり…

セキュリティーばっちり!――。カフェらしき場所で、パソコンを置いたまま席を立つ男性。ノートパソコンのテレビCMだ。人が離れると自動での電源オフ機能を紹介しているのだが、公共の場所で置きっぱなしの時点でセキュリティーに問題ありだろう、と突っ込みたくなる。

しかし実際、韓国では貴重品を置いたまま席を離れる人は多い。監視カメラ天国とも呼ばれるこの国では、置引を心配しないためだ。ソウルの公共施設に設置された監視カメラ台数は現時点で8万台弱と、1平方マイルごとの数では世界11位。トップ20位のうち半数が中国の都市なので、国別では5位になる。ちなみに東京はランク外だ。

カメラが犯罪の抑止力になるのは確かだが、それだけ事件が起こるという意味でもある。理想的なのは、パソコンのセキュリティーも監視カメラも必要ない都市だろう。(瑞)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

23年の最低賃金9620ウォン 前年比5%上昇、労使が共に反発(07/01)

中国企業の貿易業務が改善 コロナ影響緩和、利益上向き(07/01)

新規感染者9595、死者10人増(07/01)

昭和電工とSK、半導体用ガスの米生産検討(07/01)

サムスン電子、業界初の3ナノ量産開始(07/01)

〔政治スポットライト〕豪首相がNATO会議参加、オーカスも確認(07/01)

サムスンD、独社の有機EL特許買収(07/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン