BP、WAグリーン水素事業の権益40%取得

英石油大手BPは16日までに、西オーストラリア(WA)州ピルバラで計画中のグリーン水素・アンモニア・プロジェクト「アジアン・リニューアブル・エナジー・ハブ(AREH)」の権益40.5%を取得すると発表した。当局の承認が得られれば、7月1日からオペレーターとなる。同プ…

関連国・地域: オーストラリア欧州
関連業種: 化学建設・不動産天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

豪EUのFTA交渉、租税条約の問題が浮上(17:56)

豪企業や政府の役員報酬、21年度は4%超上昇(17:56)

テイクオフ:わが娘が家に呼んだオー…(08/15)

豪国税局による負債請求が増加、取立て強化(08/15)

豪予算案に移民誘致策、人手不足に短期的対処(08/15)

雇用サミット、労働者増と技能向上を=財界(08/15)

豪の堅調な消費支出、11月から失速か(08/15)

豪ベビー用品企、建材不足で出店拡大進まず(08/15)

コロナ関連販売で暴利、豪当局が取締り強化(08/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン