ラオス南部への投資、8億ドル超え

ラオス南部アッタプー県の水力発電と鉱産事業へのベトナムからの投資が累計で8億1,500万米ドル(約1,100億円)を超えた。ラオス紙の報道として国営ベトナム通信(VNA)がこのほど伝えた。 同県エネルギー・鉱山局によると、セカマン第1、セカマン・サンサイ、セコン・ロウム…

関連国・地域: ベトナムラオス
関連業種: 天然資源電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

訪日の夢、制度に課題=会長 高まる海外就労意欲と日本(4)(08/19)

非現金化、スマホ決済と連携 JCB、利用額シェア20%目標(08/19)

グラブとコカ・コーラ、事業基盤強化へ提携(08/19)

アップルウオッチ、ベトナムで生産計画か(08/19)

不動産大手FLC、株取引全面停止の恐れ(08/19)

FLC傘下BOS証券、取締役が不在に(08/19)

中国製などの机いす、ダンピング調査延長へ(08/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン