• 印刷する

テイクオフ:雨期には珍しく快晴だっ…

雨期には珍しく快晴だった日の昼ごろ、ビルの外にある階段に腰掛けて気持ちよさそうに寝ている地元住民を見かけた。はだしに大きな口を開けて爆睡している。通り過ぎる人たちも気にする様子はない。

忙しい時間の合間を縫って昼食に出掛けた身としては、爆睡の住民がうらやましくも映る。平日の真っ昼間に寝ることなど、休暇を取ったときくらいしかできない貴重な時間だ。昼食を済ませてもう一度通りかかると、その住民はまだ寝ていた。そこへ同僚らしき人が起こしに来て、「至極の時間」は過ぎ去った。

思い起こせば、何かに追われるように毎日が過ぎている。さらに悪いことに、そこに意識すら向けなくなる。ところが、ふとした瞬間に、当然の毎日がそうではないのかもしれないと気付かされる。晴れた日の「爆睡住民」はそれほど印象的だった。(内)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

グラブとコカ・コーラ、事業基盤強化へ提携(19:30)

テイクオフ:地元住民でにぎわう食堂…(08/18)

公衆衛生の緊急事態解除せず 大統領意向、年末まで視野(08/18)

マルコス大統領、追加接種を完了(08/18)

7月東南ア訪日者数、前年比24倍の4.5万人(08/18)

FDI認可額2.1倍、4~6月(08/18)

推奨小売価格67品目上げ、貿産省(08/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン