• 印刷する

テイクオフ:先月9年ぶりに行われた…

先月9年ぶりに行われたタイ・バンコク知事選挙は、無所属で出馬したチャチャート・シティパン氏(55)のブランディング力による勝利だった。

チャチャート氏は2019年の前回総選挙では、軍主導のプラユット政権と対立するタクシン派政党、タイ貢献党から出馬した。今回は「中道」という立場で選挙に臨んだものの、実際は、独自候補の擁立を見送った貢献党から支援を受けた。さらに、タクシン元首相派のインラック政権で運輸相を務めた実績をアピールすることで、「ストロングマン(強権的な指導者)」というイメージを作り上げた。効果は絶大。知事選では、左右両陣営から支持を集め、13年の知事選挙で過去最高の得票数で当選したスクムパム氏の125万票も上回った。

ただ、これでバンコク都民の民意が変わったと考えるのは早計。来年行われる総選挙の結果こそがバロメーターになるだろう。(阿)


関連国・地域: タイ
関連業種: 政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:バンコクのコンビニなど…(08/11)

政策金利、0.75%に引き上げ 物価抑制へ2年ぶりに方針転換(08/11)

新規の感染者2335人、死者32人(10日)(08/11)

シュナイダー、タイのEV生態系構築を支援(08/11)

タイ航空、3050億円の財務改善計画を推進(08/11)

EEC航空都市、免税措置で旅行者呼び込み(08/11)

発電ガルフ、欧PEファンドに100億円投資(08/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン