• 印刷する

テイクオフ:ある電動二輪車メーカー…

ある電動二輪車メーカーが採用しているソーシャルメディア戦略は、マーケティングの手法としてまねをする価値があるかもしれない。特にツイッターを使ったマーケティングは非常に巧みだ。ツイッターを見ていると、その企業の電動二輪車だけが売れているかのように思えてくる。

ツイッター上は、同社の新しい電動スクーターと一緒にポーズをとる人の写真や、称賛するコメントで溢れている。興味深いのは、これらの写真やコメントは会社の公式アカウントが投稿しているのではなく、購入者が投稿しているという点だ。購入者の投稿であることは「いいブランドに違いない」という印象を見る人に与える。公式アカウントはこれらの投稿をリツイートして拡散している。

当地ではこのようなソーシャルメディアマーケティング手法をとる電動車メーカーを、同社以外には見たことがない。(虎)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:先日、デリーを散策中、…(08/18)

新南向の収益、初の中国超え 上場企業の1Q投資、今後逆転も(08/18)

オラ、初の電動四輪を投入へ 24年発売、自社生産の電池を搭載(08/18)

ダイキン、ニムラナに研究開発センター設立へ(08/18)

プレステージ、邦人向けクリニック開業(08/18)

三菱UFJ銀、西部金融都市に支店開設(08/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン