空港地上業務SATS、通期は黒字転換

空港地上業務を手掛けるシンガポールのSATSの2022年3月期連結決算は、純利益が2,040万Sドル(約19億円)となり、前期の7,890万Sドルの赤字から黒字に転換した。政府による従業員の賃金助成といった新型コロナウイルス関連の救済措置が奏功した。 売上高は21%増の11億7,68…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 運輸サービスマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

グラブとコカ・コーラ、事業基盤強化へ提携(19:30)

南洋大、ブロックチェーン研究所を開設(19:12)

J&Tがアプリで越境宅配、まずマレーシア(19:12)

仮想通貨クリプト、英国で事業免許取得(19:21)

新規感染3762人、前日から3割減(17日)(19:12)

テイクオフ:夜のウオーキングツアー…(08/18)

7月輸出、電子2桁増で堅調 通年は5~8%増の見通し(08/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン