帰国困難外国人の特例終了、水際緩和踏まえ

【共同】出入国在留管理庁は5月31日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う各国の水際対策強化で帰国できずにいた外国人を救済するため、「特定活動」(6カ月)などの在留資格を認めてきた特例措置を、6月末で終了すると発表した。水際対策が徐々に緩和されてきた状況を踏まえた…

関連国・地域: 日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

現地パートナーとの協業増加 ブーム到来の太陽光発電(下)(08/18)

妊娠実習生の強制帰国調査、悪質事例把握(08/18)

JERA、地場再エネ大手に150億円出資(08/18)

格安航空スクート、札幌線を11月に再開(08/18)

尹氏「譲歩と理解で解決」、日韓歴史問題(08/18)

日本勢は日産リーフのみ、米EV優遇(08/18)

ダイキン、ニムラナに研究開発センター設立へ(08/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン