• 印刷する

中国から寄贈ワクチン、全1000万回分が到着

中国から寄贈された中国医薬集団(シノファーム)製の新型コロナウイルスワクチン1,000万回分のうち、最後の500万回分が29日、ミャンマー最大都市のヤンゴン国際空港に到着した。国営紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマーが30日伝えた。

中国は1,000万回分の新型コロナワクチンと1,300万回分の注射器をミャンマーに寄贈した。18日に、第1弾となるワクチン500万回分がヤンゴン空港に到着していた。

29日には、在ミャンマー中国大使館から寄贈された移動式の検査車両2台も、北東部シャン州ムセ経由の陸送でヤンゴンに到着した。

寄贈されたワクチンは、5~12歳児に接種される予定だ。移動式検査車両は、RT―PCR検査施設のない国境地域に配置されるという。

中国の陳海・駐ミャンマー大使は、29日午前にヤンゴン空港で行われた引き渡し式で、「ワクチンと検査車両の寄贈は、新型コロナに対する中国とミャンマーの共闘精神の象徴」と説明。「習近平国家主席が提案する中国と東南アジア諸国連合(ASEAN)のヘルスシールド(健康の防衛網)の実現に寄与するもの」と述べた。


関連国・地域: 中国ミャンマー
関連業種: 医療・医薬品

その他記事

すべての文頭を開く

8日の感染者15人、124日連続で死者ゼロ(12:29)

MyCO登記抹消、1~7月は2800社(11:35)

カタール系通信の撤退に注文 人権団体、個人情報の保護を危惧(08/09)

日本語能力試験、願書2.5万通超が販売(08/09)

ヤンゴン工場、抵抗勢力拠点出身者を解雇か(08/09)

ヤンゴン公共バスへの広告掲載、不許可に(08/09)

タイへのトウモロコシ輸出、7割減少(08/09)

高品質ゴムの栽培面積拡大へ、価格上昇受け(08/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン