• 印刷する

韓国エプソン、ESG特別サイトを開設

セイコーエプソン韓国法人の韓国エプソンは27日、環境・社会・企業統治(ESG)経営の強化に向けて特別ウェブサイトを開設したと発表した。

ウェブサイトでは◇環境経営◇社会◇支配構造――の各セクションが設けられ、それぞれの活動実績を紹介している。特に同社が最も重要視する環境経営セクションでは、セイコーエプソングループ全体の温室効果ガスや産業廃棄物の排出量、エネルギー使用量などのデータや、環境教育に関する情報なども公開されるという。

同社は2月に脱炭素や資源リサイクル、環境技術開発などを盛り込んだ「環境ビジョン2050」を発表するなど、エコ事業を積極化している。

韓国エプソンはこのほかにも、事業活動で使用する全電力を再生可能エネルギーに切り替える「RE100」への加入を表明。2023年6月までの達成を目指す計画だ。


関連国・地域: 韓国
関連業種: その他製造IT・通信メディア・娯楽

その他記事

すべての文頭を開く

新規感染者15万人弱、死者40人増(10:34)

ケッペル、韓国の廃棄物管理企業を買収(08/08)

テイクオフ:ソウルはこのところ、傘…(08/09)

〔アジア人事〕東海カーボン(08/09)

サムスン電子、初の労使交渉が最終合意(08/09)

新規感染者5.5万人、死者29人増(08/09)

ベトナム製鋼管、米国が迂回輸出で調査開始(08/09)

ソウル・大邱に業務拠点、サムスン電子(08/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン