シンガポール航空、客室乗務員2千人採用へ

シンガポール航空は2022年3月までに約2,000人の客室乗務員を採用する計画だ。航空業界の需要が回復していることを受けた措置となる。ただ人員数を新型コロナウイルス禍前と同じ水準に戻すにはまだ時間がかかるとみている。 今年3月に客室乗務員の募集を再開して以来、既に80…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 運輸雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

イスラエル企業、経済開発庁と提携(18:58)

ポストコロナ行程表作成へ、経済・雇用重視(21:31)

AIAと経営大、保険数理の人材育成で提携(21:31)

ナイトライフ事業者や娯楽施設、48店摘発(18:58)

新型コロナ、12歳未満で初の死亡例(19:20)

新規感染5309人、7日連続5千人超(27日)(18:58)

バタム―シンガポール、フェリー料金値下げ(20:38)

テイクオフ:新型コロナウイルスの流…(06/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン