• 印刷する

《日系進出》パイロット、北部に現法設立へ

パイロットコーポレーション(東京都中央区)は27日、インドに100%出資の子会社を設立すると発表した。成長が見込まれるインドで筆記具の製造・販売に乗り出す。

新子会社はPPIN(仮称)で、北部ハリヤナ州に本拠を置く。資本金は7億5,000万ルピー(約12億3,000万円)。2022年8月に設立予定で、23年7月の営業開始を目指す。

パイロットコーポレーションの広報担当者は同日、NNAに対し、「インドでは、日本からの輸入対応で文具を販売しているが、子会社設立を通じて生産拠点を立ち上げ、現地生産に切り替えていく」と語った。インドの売上高はグループ全体の数パーセントにすぎないが、「成長性が高い」(同広報担当者)とみている。インドで手がける製品については、今後検討していくという。

パイロットコーポレーションは22~24年が対象の中期経営計画で、「海外事業拡大・国内シェア堅持」を柱の1つに掲げている。21年12月期の連結決算は、売上高が前年比18.3%増の1,031億円、純利益が43.7%増の143億円だった。うち海外市場の売上高は計779億円と、全体の約76%を占めた。


関連国・地域: インド日本
関連業種: その他製造

その他記事

すべての文頭を開く

小口投資で太陽光発電施設、南部州で設置(14:57)

テイクオフ:インターネットが普及す…(06/30)

ギャンブル課税は見送り 4つの議題でGST改革、財務省(06/30)

白物家電のPLI第2弾、日系含む15社選出(06/30)

ルネサス、半導体の設計・開発でタタと協業(06/30)

TCS、慶応大と「力触覚」技術応用で提携(06/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン