• 印刷する

《日系進出》リアルテック、現地法人設立

リアルテックホールディングスはシンガポールに現地法人を設立した(同社提供)

リアルテックホールディングスはシンガポールに現地法人を設立した(同社提供)

先端技術に投資するベンチャーキャピタルのリアルテックホールディングス(東京都墨田区)は26日、シンガポールに現地法人を設立したと発表した。東南アジアでの投資実行と、投資先企業の支援を加速するのが狙いだ。

スタートアップの集積地となっている中央部の工業団地「ブロック71」内に、現地法人RTHDシンガポール(日本語名・リアルテックホールディングス・シンガポール)を今年2月に開設した。研究開発型スタートアップの事業展開を支援する。

最初の事業として、リアルテックホールディングスのグローバルファンドが2020年12月に出資していた、シンガポールの外科医療用ロボット開発NDRメディカルテクノロジーの日本での拠点立ち上げと事業展開を支援する。

RTHDシンガポールの山本憲志取締役は「テクノロジー投資を切り口に、日本と東南アジアの双方で社会課題の解決に貢献したい」と意気込みを語った。


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

22年下期の工業用地放出、7区画に(19:14)

電気・ガス料金、7~9月は7~8%上昇(17:18)

脊椎手術ニューベイシブ、体験センター開所(16:17)

新規感染9392人、高水準続く(29日)(12:13)

テイクオフ:レストラン業界の関係者…(06/30)

上期IPO件数は前年比3倍 調達額2倍近く、SPAC解禁で(06/30)

貯蓄国債の利回り上昇、10年物は2.71%(06/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン