• 印刷する

全日空、高雄市交通局などとMaaSで覚書

ANAと高雄市政府交通局、台湾交通部運輸研究所がMaaS分野での連携に関する覚書を締結した=25日(高雄市政府交通局提供)

ANAと高雄市政府交通局、台湾交通部運輸研究所がMaaS分野での連携に関する覚書を締結した=25日(高雄市政府交通局提供)

全日本空輸(ANA)は25日、高雄市政府交通局、台湾交通部(交通省)運輸研究所と、ITを活用して多様な交通手段を一体的に提供する「MaaS(マース)」分野での連携に関する覚書を締結した。

ANAによる障害者や高齢者、訪日外国人などがストレスなく移動できることを目的としたサービス「ユニバーサル MaaS」、高雄市と運輸研究所が開発した同市の交通機関のMaaSサービス「MeNGo」で連携の可能性を探るほか、3者間で交流を深め、知識の習得に役立てる。

ANAの広報担当者によると、具体的な提携内容や商品は未定だが、新型コロナウイルスの収束後、往来が再開した際に役立つサービスなども検討する見通し。

今回の提携はANAのユニバーサル MaaSのコンセプトに共感した高雄市側からの声がけで実現した。ANA未来創造室MaaS推進部の鈴木謙次部長は「ユニバーサル MaaSのコンセプトに共感いただき大変うれしい。われわれもMeNGoから学びを得て、価値ある連携の実現に向けて検討を行っていきたい」とコメント。高雄市政府交通局の張淑娟局長は「今回の提携により、台湾・日本間の交通サービスに新たな1ページを刻み、コロナ後の観光や交通に良い影響を与えると確信している」と述べた。


関連国・地域: 台湾日本
関連業種: 運輸IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:6~7月の自宅の電気代…(08/15)

GDP成長率予測を下方修正 22年は3.76%、外需の弱まり指摘(08/15)

米、中国に対話再開要求=議長訪台「過剰反応」(08/15)

侵攻シナリオ初掲載、防衛白書=台湾演習と酷似(08/15)

半導体人材を九州で育成、TSMC機に獲得競争も(08/15)

戦闘機10機中間線越え、10日連続=常態化狙い(08/15)

台湾演習は日本と無関係、駐日中国大使が談話(08/15)

新型コロナの域内感染者、14日は2万802人(08/15)

検査キット実名制購入、15日から第4弾(08/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン