• 印刷する

西部高速鉄道に1千億円の円借款

在インド日本大使館は23日、インド西部で整備が進む「ムンバイ・アーメダバード間高速鉄道(MAHSR)建設計画(第3期)」を対象に、インド政府との間で1,000億円を限度とする円借款に関する書簡を交換した。

日本の新幹線システムを利用して同高速鉄道を建設するため、インド政府に融資する。金利は年0.1%で、償還期間は50年、据え置き期間は15年。

同高速鉄道の全長は約500キロメートルで、西部ムンバイとグジャラート州アーメダバードを結ぶ。移動時間は約7時間から約2時間に短縮する見込み。交通網の効率化や広範な地域の経済開発の促進につながると期待されている。

23日に書簡の交換が行われた=インド・首都ニューデリー(在インド日本大使館提供)

23日に書簡の交換が行われた=インド・首都ニューデリー(在インド日本大使館提供)


関連国・地域: インド日本
関連業種: 金融運輸マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

エタノール貯蔵能力増強へ 国営石油3社、バイオ燃料政策で(06/24)

ミャンマー危機、「域内貿易協議の妨げ」(06/24)

タタ自、EV「ネクソン」発火で調査開始(06/24)

豪印、中国にらみ協力強化 両国の国防相が会談(06/24)

自部品の独ベーアへラ、西部プネで工場稼働(06/24)

ガス公社、LNG供給に小型液化装置を導入(06/24)

印ドローン新興ガルーダ、マレーシアに工場(06/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン