• 印刷する

マ航空、ASEANで6回搭乗可能な航空券

マレーシア航空は23日、東南アジア諸国連合(ASEAN)12都市に限り6回搭乗できる航空券「MHフライパスASEAN」を発売した。利用できる区間に応じてゾーン1~3の3種類があり、いずれも片道6便または往復3便の利用が可能。

ゾーン1ではクアラルンプールとインドネシア、シンガポール、タイ、ベトナム、カンボジア、ミャンマーの9都市、ゾーン2ではクアラルンプールとフィリピン・マニラ、ベトナム・ハノイ、インドネシア・バリ、ゾーン3ではサバ州、サラワク州、ペナン州などの地方都市とASEAN地域間で利用できる。

価格はゾーン1が1,499リンギ(約4万3,500円)、ゾーン2が2,099リンギ、ゾーン3が2,699リンギ。6月5日までは200リンギの割引が適用される。

有効期間は購入日から1年間で、繁忙期でも利用できる。期間内であれば、予約変更は無制限に無料で可能。機内持ち込み荷物は7キログラムまで、受託手荷物は35キロまで無料となる。


関連国・地域: タイベトナムミャンマーカンボジアマレーシアシンガポールインドネシアフィリピン
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「降りまーす!降りまー…(07/04)

タイ、製造業全体に影響多大 東南アジアの半導体事情(上)(07/04)

加賀電子、ペナンの生産拠点を移転拡張(07/04)

新規感染2527人、4日連続で2500人超(07/04)

RM1=30.7円、$1=RM4.41(1日)(07/04)

ムダジャヤ、中国事業拡大へ現地で企業買収(07/04)

タイ系2航空、ヤンゴン商用便再開(07/04)

サーソル、プライベートジェット合弁設立(07/04)

サバ州とベルジャヤが提携、空港移転計画で(07/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン