• 印刷する

テイクオフ:4月のチャンギ空港の旅…

4月のチャンギ空港の旅客数は新型コロナウイルス流行前の4割の水準まで回復した。2年間にわたる入国制限が徐々に緩和される中、ここ数カ月は多くの人が海外での休暇を楽しむために飛び立ち、多くの外国人観光客が当地に戻ってきている。

シンガポールと日本の国民は、数多くの国・地域へビザなしで旅行できるパスポートを保有できる。しかし、燃料費高騰やインフレの影響で、海外で休暇を過ごすことはぜいたくになってきている。この状況が今後数年間は続くとみる航空専門家もいる。

コロナ以前は近隣諸国を中心に頻繁に旅行する人が多く、年に6回も海外旅行をする人もいた。そろそろ気候変動に対処するためにも、炭素排出量が多い飛行機での旅行を減らすべきなのかもしれない。年に1回の特別な旅行に焦点を当て、より新鮮で楽しい経験をする計画でも立ててみようか。(静)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 運輸観光マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「本読んで」――。おい…(06/27)

5月の製造業生産高13.8%上昇 前月から伸長、電子製品が寄与(06/27)

オーストラリアからの送電、投資準備完了(06/27)

仏海運大手と港湾庁、脱炭素化で協力(06/27)

空港タクシーの運賃値上げ、年末まで継続(06/27)

米半導体大手、北部の生産拠点が完成間近(06/27)

特典還元ショップバック、8000万米ドル調達(06/27)

投資銀行業務の手数料、1~6月は3.3%増(06/27)

現地証券会社、イスラム法準拠の口座提供(06/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン