• 印刷する

ハノイ新国際空港、市南部への建設を提案

ベトナムの首都ハノイ市は運輸省に対し、同市2カ所目の国際空港を市南部のトゥオンティン郡に建設する計画を提案した。ハノイ・タイムズが22日伝えた。

中心市街地からの近さや、道路接続の利便性、道路以外にも水路や鉄道といった交通手段があることを利点に挙げている。

敷地面積は、年間旅客取り扱い能力5,000万人のノイバイ国際空港と同等の1,300ヘクタール。現在は農地を主とする地域のため、他の公共事業よりも用地確保が円滑に進むと見込んでいる。

計画は、同じく市南部のフースエン郡に新空港を支える衛星都市域を開発することも想定している。同郡には1,000ヘクタールを超える工業用地があり、工業区や複合交通手段、倉庫、物流施設も整備する。

ベトナムの民生用空港は現在、国際空港10カ所を含む全22カ所。今回の計画を含めると2030年までに26カ所となり、旅客取り扱い能力は2億7,800万人に増大する。

同市南部に新空港ができることで、新興観光地のニンビン省など、周辺地域にも恩恵が及ぶと期待されている。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

鉄鋼価格、2カ月連続で下落 台湾系大手は15%、依然先安観(06/28)

カンボジアへ電力輸出、30年には6百万kW(06/28)

【日本の税務】海外赴任中の方へ贈与が行われる場合の課税関係(06/28)

ビンファスト、EVピックアップ投入も視野(06/28)

不動産融資規制強化へ通達起草、国家銀(06/28)

保険業の利益、2Qは減少=SSI予測(06/28)

工業団地の環境対応を指数化、計投省が検討(06/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン