• 印刷する

ロヒンギャ支援、2200万ユーロを拠出=EU

欧州連合(EU)は20日、ミャンマーのイスラム教徒少数民族ロヒンギャへの人道支援などに2,200万ユーロ(約30億円)を追加拠出すると発表した。

ミャンマーでの迫害を避けて隣国バングラデシュに逃れたロヒンギャらを対象にする人道支援で、食料や医療などを提供する。

EUは2022年に入り、バングラデシュでのロヒンギャ支援や災害対策などに、今回を含めて計4,100万ユーロ超を支出。ミャンマーへの人道支援額は、21年2月の軍事クーデター後の累計で2,700万ユーロ超に達している。 

EUのヤネス・レナルチッチ委員(危機管理担当)は声明で、「ロヒンギャ危機は過去に例を見ない規模に拡大している」と指摘。「国際社会が団結して人道支援を継続することが不可欠だ」と強調した。

バングラデシュでは現在、南東部コックスバザールなどで約91万9,000人のロヒンギャ難民が暮らしている。ミャンマー国内で人道支援が必要な人は、かつての100万人から21年以降は1,440万人に拡大。93万6,700人が国内での避難生活を強いられている。


関連国・地域: ミャンマーバングラデシュ欧州
関連業種: 政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

乾燥トウガラシ価格、月初から67%上昇(12:53)

27日の感染者12人、82日連続で死者ゼロ(12:42)

5月FDIは933.5万米ドル 前年実績の1%、日本の案件も(06/28)

中国・タイ通貨での決済拡大を協議、中銀(06/28)

【日本の税務】海外赴任中の方へ贈与が行われる場合の課税関係(06/28)

主要3都市で公共賃貸住宅1期事業(06/28)

ヤンゴンの一戸建て賃貸物件、寄宿舎転用も(06/28)

ムセ―マンダレー鉄道、環境管理の意見聴取(06/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン