• 印刷する

セルトリオン、日本でバイオ後続品申請へ

韓国製薬大手のセルトリオンは23日、自己免疫疾患治療薬「ヒュミラ(一般名アダリムマブ)」のバイオ後続品(バイオシミラー)「ユーフライマ(CT―P17)」について、年内に日本で販売許可を申請すると発表した。

同社は4月に開催された日本リウマチ学会総会・学術集会で、日本人を対象としたユーフライマの第1相臨床試験の結果を公開した。第1相試験は健康な日本人204人を対象に、ヒュミラとユーフライマを比較する方式で行われた。同社によると、これらの薬剤は薬物動態的に類似しており、安全性も同水準だったという。

■欧米でもユーフライマ販売

日本のヒュミラの市場規模は約4億8,700万米ドル(約620億円)とされる。

セルトリオンは昨年に欧州でユーフライマの販売許可を取得しており、現地で販売している。また、4月にはヒュミラを開発した米バイオ企業のアッヴィと米国内の特許問題で最終合意しており、2023年7月をめどに米国での販売も開始する予定だ。


関連国・地域: 韓国日本
関連業種: 医療・医薬品

その他記事

すべての文頭を開く

新規感染者1万人超、死者7人増(16:31)

テイクオフ:嫌韓を解消させる方法、…(06/29)

産学連携の「契約学科」普及 IT大手が主導、人材不足に対応(06/29)

新規感染者9896人、死者5人増(06/29)

電気・ガス料金、7月から同時値上げ(06/29)

AI半導体を育成、5年で1兆ウォン投資(06/29)

LS電線、越住宅大手にバスダクト供給(06/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン