首都高速道などで非接触決済 年内に試験、24年の全面運用へ

インドネシア公共事業・国民住宅省の高速道路統制庁(BPJT)は20日、有料道路の新たな料金徴収システム「マルチレーン・フリーフロー(MLFF)システム」について、年末までに複数の地域で試験運用を開始すると明らかにした。BPJTのトリオノ秘書官が23日、民放テレビ局…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 自動車・二輪車運輸IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

日本向けにヤシ殻を初出荷、パーム農園社(21:54)

テイクオフ:インドネシアの西ジャワ…(06/29)

三菱、小型トラック新モデル 主力コルトL300、3万台以上目標(06/29)

G7サミット閉幕、対ロ圧力強化(06/29)

バイオ燃料B40、7月に路上走行試験開始へ(06/29)

三菱自の輸出拡大でハブ化期待、産業相(06/29)

23年のマクロ経済指標に合意、政府と国会(06/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン