• 印刷する

来月5日の地方議会選、選挙運動始まる

6月5日に投票が予定されるカンボジアの地方議会選挙に向け、フン・セン首相率いる与党・人民党や野党各党が21日から選挙運動を開始した。同選挙には17の政党から、8万6,092人が立候補する予定だ。クメール・タイムズ(電子版)が23日に伝えた。

カンボジア国家選挙管理委員会によると、選挙運動期間は今月21日から来月3日までの2週間。各政党別の立候補者数は与党・人民党が2万8,008人、キャンドルライト党が2万3,939人、フンシンペック党(民族統一戦線)が9,952人、クメール国家統一党(KNUP)が8,815人などとなっている。

最大の立候補者を擁する人民党は「草の根民主主義の浸透、国民の自由の保証、治安の強化」などを公約に掲げ、コミューン(地区・町)開発予算の増額などを確約。同党の代表代行を務めるサル・ケン内務相は22日に行われた北西部バッタンバン州の選挙集会で、適切な新型コロナウイルス対策を通じて経済・社会活動の再開を実現した政府の功績を強調した。

キャンドルライト党は、21日と22日に首都プノンペンで大規模な集会を開催。公民権の尊重や公共サービスの拡充などを公約に掲げ、幹部らは「わが党の勝利が国民の勝利につながる」と訴えた。初日には最大1万人の支持者が参加したもようだ。

フンシンペック党も22日にプノンペンと南部カンダル州タクマオで集会を開き、新党首に就任したノロドム・チャクラバス王子は、国民と国家の利益のために貢献するとともに、王党派の勢力挽回を呼び掛けた。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

フンセン首相、岸防衛相が表敬訪問(06/24)

積極的なドル売り、昨年の売却額は6億ドル(06/24)

女性の30%が15~19歳で妊娠=保健省報告書(06/24)

国軍指名の国防相、カンボジア国防相と会談(06/24)

来年の経済成長率は6.6%=政府予測(06/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン