• 印刷する

テイクオフ:首都ジャカルタ沖に点在…

首都ジャカルタ沖に点在する島々は、美しい海で知られる観光地も多い。船で2~3時間。都心とは別世界が広がる。ただ島に渡る連絡船が出発する港は、1年前までは整備が遅れていた。満潮になれば周辺は水浸し。ところがこの1年で港は一変していた。

空港ビルのような建物が建ち、駐車場やバス停も完備。建物の中に入ると冷房でひんやり。ガラス張りの待合室も空港のよう。しかし一歩外に出ると、昔ながらの木造船が並び、どの船も甲板は人でびっしり。あまりのギャップに驚かされた。

島の人に聞くと、連絡船の運営者は船ごとに異なり、島の有力者につながっているため、そこに行政が手を入れるのは難しいのでは、という。これから乗る船の名前を伝えると「孫が船員として乗っているんだ」と誇らしげに話す。船が地元の人々に支えられていることがうかがえた。(蓜)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

23年のマクロ経済指標に合意、政府と国会(21:49)

バタム―シンガポール、フェリー料金値下げ(21:54)

テイクオフ:コロナ下の2020年に…(06/28)

【日本の税務】海外赴任中の方へ贈与が行われる場合の課税関係(06/28)

ネット利用2億人突破 普及8割迫る、コロナで利用頻度増(06/28)

補助金ガソリン、7月から試験的に販売制限(06/28)

産業相訪日、自動車部品フォーラムに出席(06/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン