特定技能滞在6万4千人に、見込みより低調

【共同】出入国在留管理庁は20日、外国人の就労拡大のための在留資格「特定技能」で日本に滞在する外国人が、制度開始から3年の今年3月末時点で、昨年同時期より約4万2,000人多い6万4,730人だったと発表した。 国は、2019年4月の制度開始から5年間の受け入れ見込み数を26万…

関連国・地域: 中国ベトナムミャンマーインドネシアフィリピン日本
関連業種: 食品・飲料サービスマクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

〔アジア人事〕アルゴグラフィックスなど(07/04)

テイクオフ:中国にはいくつかの日系…(07/04)

北部MRT駅に商業施設開業 JR東、エキナカ事業の第1弾(07/04)

加賀電子、ペナンの生産拠点を移転拡張(07/04)

ウクライナ侵攻で飢餓拡大、アジアにも波及(07/04)

トヨタ、新型SUVを発売へ スズキ協業「ハイライダー」で攻勢(07/04)

丸紅、SA州LNG輸入に参画 24年冬季までに事業開始(07/04)

【書籍ランキング】6月16日~6月22日(07/04)

トヨタ子会社幹部、「スズキの調達力」を称賛(07/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン