火力発電所の輸入炭混焼率3割まで引き上げ

インド電力省は電力規制委員会(CERC)に対し、国内全ての石炭火力発電所が使用する輸入炭の混焼割合を上限30%まで認めるよう指示した。来年3月までの緊急措置で、国産炭の在庫水準を高めるほか、猛暑による電力需要の急増に対応する狙いだ。エコノミック・タイムズ(電子版…

関連国・地域: インド
関連業種: 天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:通っているヨガ教室は、…(06/28)

再エネ目標で約30兆円必要 30年まで、資金源は債券と株式か(06/28)

【日本の税務】海外赴任中の方へ贈与が行われる場合の課税関係(06/28)

高級品・サービス租税率、26年3月まで延長(06/28)

運搬車両のデリー入境禁止に産業界が反発(06/28)

港湾の待機時間、大幅短縮の公算(06/28)

トヨタG部品会社、電動化関連で新ライン稼働(06/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン