• 印刷する

長距離LCCタイエアアジアX、経営再建へ

タイ・エアアジアXは中央破産裁判所に会社更生手続きを申請し18日に受理されことを明らかにした=タイ・バンコク(NNA撮影)

タイ・エアアジアXは中央破産裁判所に会社更生手続きを申請し18日に受理されことを明らかにした=タイ・バンコク(NNA撮影)

タイの格安航空会社(LCC)で長距離路線を運航するタイ・エアアジアXは19日、17日に中央破産裁判所に会社更生手続きを申請し、18日に受理されたと明らかにした。タイの航空会社の経営破綻は4社目。航空券を購入した乗客への影響はなく、経営再建を推進するとしている。

20日付プーチャッカーンによると、新型コロナウイルス感染症の流行で2年以上にわたって国際線の運航が困難となり、債務超過で経営が行き詰まった。ただタイが今月1日に入国制限を大幅に緩和するなど国際線の運航が回復傾向にあるため、経営の立て直しと債務再編による会社更生がスムーズに進むと見込む。

既に航空券を購入した乗客や今後に購入する乗客、運航計画への影響はなく、予定通り6月から韓国・日本線を再開すると説明した。またタイ・マレーシア合弁のLCCタイ・エアアジアとその筆頭株主アジア・アビエーション(AAV)は完全な別会社のため、会社更生手続きの申請は同2社と関係がないと強調した。

タイでは新型コロナの流行以降、タイ国際航空とLCCノック・エアラインズ、同社とシンガポールのLCCスクートの合弁会社ノックスクート・エアラインズの3社が経営破綻した。


関連国・地域: タイマレーシア
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:夕方のオフィスに、ため…(07/04)

〔アジア人事〕アルゴグラフィックスなど(07/04)

タイ、製造業全体に影響多大 東南アジアの半導体事情(上)(07/04)

新規の感染者2328人、死者は19人(2~3日)(07/04)

5月のメーカー別車輸出、9社中4社が増加(07/04)

タイの仕向け地別の車輸出台数(22年5月)(07/04)

タイ系2航空、ヤンゴン商用便再開(07/04)

モノレール2路線、運賃53~160円で検討(07/04)

サーソル、プライベートジェット合弁設立(07/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン