• 印刷する

日本からの入国、搭乗前2日間に3回検査

日本の中国大使館は19日、日本から中国に渡航する際の防疫措置を5月30日から厳格化すると発表した。出発前2日間に新型コロナウイルスの検査を3回行うよう定めた。

中国への渡航者は、出発予定日の2日前に1回目のPCR検査を行い、出発前24時間以内に2回目のPCR検査を行う必要がある。2回目の検査は中国大使館が指定する12の特別指定検査機関で受けなければならない。1回目と同じ検査機関で受けることも不可。2回のPCR検査の結果を取得した後は、中国渡航に必要な「健康コード」の申請を行う。

さらに、出発前12時間以内には抗原検査を行う必要がある。抗原検査の結果は出発時に航空会社に提出する。ただ、出発予定時刻が午後1時より前の場合は「12時間以内」との条件を満たすことが難しいことを考慮して、出発前日の午後1時以降の検査でも渡航可能とする。

新型コロナウイルスに感染していることが判明した場合は、完治後に2回のPCR検査を受け、さらに2カ月が経過してから、上記の手順を踏んだ上で渡航できる。

中国大使館は現在、出発前7日間に3回のPCR検査を課している。渡航者は今回の変更で出発直前により集中的な検査を行うことが必要となる。


関連国・地域: 中国-全国日本
関連業種: 医療・医薬品運輸マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

今年のインフラ投資、特別国債発行で25%増(20:38)

国境貿易、5月も対中低迷 対タイはガス輸出の好調継続(06/29)

テイクオフ:たとえ血の川が流れよう…(06/29)

首都鉄道建設計画、中国企業が調査結果報告(06/29)

集中隔離を7日間に短縮 中央当局発表、健康観察も3日(06/29)

G7サミット閉幕、対ロ圧力強化(06/29)

上期の貨物量が19年同期超え、交通運輸省(06/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン