• 印刷する

JX金属、銅製錬事業株をLSに売却

JX金属は19日、グループ傘下の日韓共同製錬が保有する韓国のLSニッコーカッパーの全持ち分49.9%を、合弁先の韓国LSに約9,300億ウォン(約930億円)で売却すると発表した。これにより、LSが同社の株式100%を持つことになる。

LSニッコーカッパーは1999年に設立され、韓国で銅製錬事業を手がけてきた。日韓共同製錬は韓国での事業展開を目的に設立されたコンソーシアムで、JX金属が80%、三井金属が10%、丸紅が10%を出資している。

JX金属は3月、半導体材料の「スパッタリングターゲット」やスマートフォン向けの高機能銅箔(どうはく)の増産に向けて、茨城県内の新工場設立に2,000億円を投じる計画を発表している。今後こうした先端素材分野など、より重要な領域に経営資源を集中させる考えだ。


関連国・地域: 韓国日本
関連業種: 鉄鋼・金属

その他記事

すべての文頭を開く

新規感染者9896人、死者5人増(16:57)

テイクオフ:日本と韓国は、サッカー…(06/28)

不動産の「二極化」鮮明に 高級住宅街は最高値、格差を助長(06/28)

【日本の税務】海外赴任中の方へ贈与が行われる場合の課税関係(06/28)

新規感染者3429人、死者3人増(06/28)

韓国の賃金上昇率、主要5カ国の2.6倍(06/28)

24年には出生率0.7も、政府が人口危機対応(06/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン