• 印刷する

SBI、南洋大や韓国企業とファンド設立

SBIホールディングスは19日、シンガポールの南洋理工大学(NTU)傘下で起業支援を手掛けるNTUイティブ(NTUitive)、韓国保険大手の教保生命グループ傘下の教保証券と共同で、シンガポールにベンチャーファンドを設立したと発表した。東南・南アジアでデジタル関連企業に投資する。

共同設立したベンチャーファンドは最大7,500万米ドル(約96億5,300万円)の資金を調達する計画で、SBIのシンガポール子会社SBIベンキャピタルが運用を担う。東南・南アジアでデジタル技術やデジタルプラットフォーム関連の事業を手掛けるアーリーステージ(初期段階)の新興企業に投資する。

NTUイティブや教保証券がそれぞれ持つ事業運営の知見などを生かし、取引データを活用した収益化など、投資先のデジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組みも支援したい考えだ。

東南アジア地域では中間所得層の拡大やモバイル経済の発展に伴い、デジタル化が進んでいる。同地域でデジタル技術・プラットフォームが生む経済効果の拡大が見込まれることから、SBIは共同ベンチャーファンドの立ち上げを決めた。


関連国・地域: 韓国シンガポール日本
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナウイルスの感…(07/04)

北部MRT駅に商業施設開業 JR東、エキナカ事業の第1弾(07/04)

日系企業の5割近く、出勤率75%超に(07/04)

中国人技術者の雇用促進で合意、技術者協会(07/04)

中国の自転車シェアサービス大手、市場参入(07/04)

オリックス、自動車販売会社との合弁解消(07/04)

流通セントラル、セルフ倉庫に30%出資(07/04)

中国系ネット証券、国内初フルサービス開始(07/04)

低炭素電力輸入、2回目の提案依頼書発行(07/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン