• 印刷する

テイクオフ:今回のオーストラリア総…

今回のオーストラリア総選挙で快進撃を見せたのが、「ティール無所属(Teal independents)」と呼ばれる22人の無所属候補者たちだ。多くが女性で気候変動系ファンドから資金提供を受ける彼女らは、科学的根拠のある環境対策や男女平等の真の進展などを掲げる。盤石とされた自由党のシドニーの選挙区で議席を奪い、同党を敗北に追い込んだ「主役」だ。

ティールは青と緑の中間色で、無所属候補者たちのテーマカラー。自由党の党カラーは青で、環境問題に関して無策な同党に対抗する意味合いがある。

ただ、全員がティールを選挙活動に使用したわけではなく、無所属なだけにテーマカラーも不統一で、ピンクやオレンジを使用した候補者もいた。当選したティールたちは新労働党政権への圧力で協力するとしているが、さて、労働党政権には果たして存在感を見せられるのか。(岩下)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ANZのデジタル豪ドル、排出権購入に使用(17:36)

豪の温室効果ガス排出量、昨年は0.8%増加(17:36)

テイクオフ:オーストラリアでは、屋…(06/28)

【日本の税務】海外赴任中の方へ贈与が行われる場合の課税関係(06/28)

人材確保に苦戦、豪企業の31% 商社・ホスピタリティー分野など(06/28)

煩雑なビザ手続き、熟練技能移民が豪回避(06/28)

〔オセアニアン事件簿〕NSWで鉄道スト、今週は大幅遅延見込み(06/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン