恒基兆業、近年最大級の再開発物件を発売へ

香港の不動産開発大手、恒基兆業地産(ヘンダーソンランド・デベロップメント)は6月にも、九龍地区・紅カン(ホンハム、カン=石へんに勘)で手掛ける新築分譲マンション「必嘉坊(ベイカー・サークル)」(全2,800戸)の第1期を発売する。同社によると、民間のデベロッパーが手…

関連国・地域: 香港
関連業種: 建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

AIAと経営大、保険数理の人材育成で提携(18:58)

マカオ感染、歯止めかからず 計357人、カジノ以外ほぼ停止(06/28)

【日本の税務】海外赴任中の方へ贈与が行われる場合の課税関係(06/28)

新たに1873人感染、前日から44人減(06/28)

現行のコロナ規制、7月13日まで継続(06/28)

検疫ホテル、41軒が1年半前に比べ値上げ(06/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン