住宅規制緩和の効果に遅れ、コロナ禍で

中信証券は18日、中国の住宅市場について「中央政府や地方政府が住宅市場の規制緩和に動いているが、新型コロナウイルスの流行で政策効果に遅れが出ている」との見方を示した。 中信証券の諸建芳首席エコノミストは、「足元の住宅市場は不動産企業のリスクと需要の縮小といった問…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

長城汽車のEV、500台の予約が58分で完了(17:58)

ANA、7月11日から北京発成田行き再開(14:14)

上海の屋内施設再開、市民生活が正常化へ(17:57)

万宝、銅山攻撃を強く非難 送電塔破壊、国軍は報復(06/30)

〔アジア人事〕リコー(06/30)

テイクオフ:湿気混じりの暑さが続く…(06/30)

工業のエネ効率向上へ 中央が行動計画、消費1割減目標(06/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン