• 印刷する

タイの人口、28年の6719万人がピーク見通し

タイ政府は17日、タイの人口のピークが2028年の6,719万人との見通しを示した。29年からは減少に転じて労働力不足が深刻化する見込みで、自動システムの導入や高齢社会対策が急務としている。

タイ内閣は同日、22~37年の人口開発計画案を承認した。タイの人口は28年にピークアウトし、37年には人口に占める子どもの割合が14.3%まで低下。一方で高齢者の割合は29.9%まで高まる見込み。

また37年の労働力需要は17年の3,755万人から19.1%増の4,471万人に拡大する一方、労働人口は10年ごとに300万人超減少すると予測した。今後は労働者に代わる自動システムの導入が必要とみている。また高齢者は女性が多く、教育水準が低い人が多い見通し。県ごとに高齢者割合に違いがあるため、各地域に応じた対策が必要だと指摘した。

21年のタイの人口は6,617万人。平均年齢は39歳、労働人口は3,863万人だった。


関連国・地域: タイ
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

3空港高速鉄道、来年1月に着工見通し(06/24)

電子部品の余剰在庫ゼロへ 商社コアスタッフ、委託販売開始(06/24)

新規の感染者2299人、死者は18人(23日)(06/24)

〔アジア人事〕ゼロなど(06/24)

5月車輸出は3%減の7.7万台、バイクは増(06/24)

5月の車生産は8%減、乗用車が不振(06/24)

ラオスから電力輸入開始、4カ国間取引で(06/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン