• 印刷する

豪企業のESG関連情報開示、当局が精査へ

オーストラリア証券投資委員会(ASIC)とオーストラリア証券取引所(ASX)、オーストラリア慈善団体・非営利団体委員会(ACNC)はこのほど、企業によるESG(環境、社会、ガバナンス)関連の情報開示が不十分だとして、改善に向けた取り組みを強化する方針を明らかにした。18日付オーストラリアンが報じた。

ASICのコミッショナーのヒューズ氏は17日に開催されたガバナンス&リスク管理フォーラムで、投資家が適切な情報を受け取れるよう、来年度以降、企業による気候変動・ESG関連の情報開示状況を精査すると説明。また、環境に配慮しているかのように企業が偽善的な広報活動を行う「グリーンウォッシング」についても、監視を強化するとした。

一方、ASXのライアン最高コンプライアンス責任者(CCO)は、上場企業や上場ファンドによるESG関連の情報開示が不十分なことを懸念していると述べ、コーポレートガバナンス(企業統治)に関する指針を引き上げる考えを示した。ASXは企業のESG情報開示に関する報告書の作成を会計大手KPMGに委託しており、来月後半に報告書が公表される見通しだ。

ACNCも、慈善団体や非営利団体のESG関連の情報開示状況に注目しているとし、報告規定の変更によってこれを改善できる可能性があると指摘した。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オーストラリアでは、屋…(06/28)

【日本の税務】海外赴任中の方へ贈与が行われる場合の課税関係(06/28)

人材確保に苦戦、豪企業の31% 商社・ホスピタリティー分野など(06/28)

煩雑なビザ手続き、熟練技能移民が豪回避(06/28)

〔オセアニアン事件簿〕NSWで鉄道スト、今週は大幅遅延見込み(06/28)

豪生保各社が新団体設立、FSCから脱却へ(06/28)

国税局、確定申告で仮想通貨投資を厳格調査(06/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン