• 印刷する

屋外での活動でマスク着用不要へ、規制緩和

インドネシアのジョコ・ウィドド大統領は17日、新型コロナウイルス対策のマスク着用義務を緩和し、屋外での活動においてマスクを外すことを認めると発表した。適用時期は明らかにしていない。

人が密集していない屋外でのみに限る。屋内や公共交通機関では引き続き着用を義務付ける。

高齢者などにはマスクの着用を推奨するほか、せきの症状がある人には着用を義務付ける。

このほか、新型コロナのワクチン接種を完了した国内旅行者や海外旅行者に対し、PCR検査や迅速抗原検査を不要とすると発表した。どのような場面で検査が不要となるかなどの詳細については明らかになっていない。

現在、インドネシアへの入国には、出発前48時間以内に受けたPCR検査の陰性証明書の提示が義務付けられている。

ジョコ・ウィドド大統領は、屋外での活動でマスクを外すことを認めると発表=17日(内閣官房提供)

ジョコ・ウィドド大統領は、屋外での活動でマスクを外すことを認めると発表=17日(内閣官房提供)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 医療・医薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:コロナ下の2020年に…(06/28)

【日本の税務】海外赴任中の方へ贈与が行われる場合の課税関係(06/28)

ネット利用2億人突破 普及8割迫る、コロナで利用頻度増(06/28)

補助金ガソリン、7月から試験的に販売制限(06/28)

産業相訪日、自動車部品フォーラムに出席(06/28)

コマツ重機、通年販売目標1100台積み増し(06/28)

1~5月のセメント販売量、前年同期比7%減(06/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン